秋の味覚といえば…

丸池製茶のよめっこです^ ^

皆さんにとって秋の味覚といえば
なにを思い浮かべますか?

知識としては
「美味しい」と知っているものが
増えたと思いますが、
子供の頃、秋に食べたものの記憶が
私にとって秋の味覚のようです。

茹でて半分に切ったものを
スプーンでゴリゴリと
こそげとって食べた栗。

あまり赤くならないうちに
木に登ってとって、
見よう見まねで皮をむいて食べた
シャクシャクの歯応えの柿。

蒸してザルに山盛りになっていた
サツマイモと、
それを切って干してあった
半乾きの切り干し芋。

全部美味しかったー!
と思い出しながら作ったのは、
実家の裏のおばちゃんがくれた
おばちゃんちの栗の栗ご飯^ ^



子供たちが小さい頃
ばあばがよく作ってくれたので、
子供たちは栗ご飯をよく食べます。

子供に手がかからなくなったので、
夜ゆっくり皮をむいて
半分をもち米にして作りました。
栗多めの贅沢なご飯が、
子供たちにとっての
秋の味覚になるのかもしれません。

秋の味覚を堪能しながら、
ゆっくり過ごす時間も
美味しさにプラスされる気がします。

ひと足はやく

丸池製茶のよめっこです^ ^

カエルの合唱がBGMになる春。
ひと足先に
田んぼに水が張られました。



一昨日くらいに張られたので
「もう夏が来ますよ!」
とせかされているようです。



アメンボがスイスイと
すべるように泳いでいました。

朝のお味噌汁も美味しくできたし!
私も今日一日
スイスイ~っと泳ぎきります。

皆さんも素敵な土曜日を^ ^

春のお彼岸

丸池製茶のよめっこです^ ^

お彼岸にぼた餅を作りました。
子供たちが大きくなり
少し手があいたのと、
しばらくバタバタしてたのが
落ち着いたので、
ゆっくり作りました^ ^

写真は実家に持っていく
おじぶっつぁま(お仏壇)用。



「子どもの頃は、おばあちゃんと
一緒に作ったっけな…」とか。
「ぼたもちのこと、『おぼた』って
言ってたっけな…」とか。

子供の頃のことを思い出しながら
のんびり作る時間が好きです^ ^

朝から予定のあった子どもは
「帰ってくるまで残しといてよ!」
と念押しして出て行きました^ ^

おじいちゃんおばあちゃんのことを
思い出しながら何か作ったりする時、
ついでに色々方言も教えています。
今はあまり聞かなくなった言葉。
ママ友にも通じなかったりする言葉。
普段使う機会はないかもしれないけど
覚えて欲しいな、と改めて思う
今日このごろです。

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申し上げます

丸池製茶のよめっこです^ ^
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます




本日より営業を始めました。
かわいい門松🎍は、
生産仲間の方からのいただきもの。
山から竹を切ってくるところから、
作ってくださいました^ ^
お客様からも「すごく素敵ね!」と
喜んでいただき、
なぜかよめっこが勝手に
誇らしく思っております^ ^

今日は風も強くなく、
とても過ごしやすい良い日となりました。
いいスタートの日ですね^ ^

皆様にとって、今年が
笑顔のあふれる良い年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございます

丸池のよめっこです^ ^

本年も丸池のお茶を
ご愛飲いただきまして
誠にありがとうございます。

今年の営業は本日までとなりました。
2021年は1月3日より営業いたします。
来年も皆様のご来店を
心よりお待ち申し上げております。




今年はいつも通りの日々が送れず、
会いたい人に会えず、
行きたい場所へも出かけられず、
常に心のどこかに
不安を抱えて過ごしていました。

けれどもそんな中で、
お店のお客様と話す時間が
明るい気持ちをもたらしてくれ、
お茶を喜んでくださる言葉が
エネルギーになりました。

来年は
「丸池行ったら楽しかったー」
「丸池のお茶、美味しかった!」
と言っていただけるお店にしたいです。

新しい年が、皆様にとって
笑顔があふれる年となりますように。

「ありがとう」を贈りたい

丸池製茶のよめっこです^ ^

以前より暑さは和らぎましたが
分単位でコロコロ変わるお天気に
毎朝「洗濯物を干していいのか?」
悩んでおります。

「こないだ行った時、子どもが見て
『敬老の日に急須をプレゼントしたい』
って言うんだけど…」
と、友達から連絡があったので
どんな急須かな?と棚を見ていたら
「お茶が捨てやすそうな急須」
というヒントが来ました。



これしかない!

写真を送って確認すると、当たり^ ^
「明日買いに行くね」
と連絡が来たので、準備をしました。

かわいい急須。
大きくてたくさん淹れられる急須。
お茶が美味しくはいる急須。
1人分の小さい急須。

お客様それぞれの視点で
いろんな選び方があるけれど、
『おじいちゃんおばあちゃんが
毎日使いやすいように』
と考えて選んだ
このお茶殻が捨てやすい急須は、
優しさが詰まったプレゼントとして
明日、お店を出ます。

こんな素敵な贈り物を
準備させてもらえるのって、
本当に幸せなことだな…^ ^
温かい気持ちになれました。

規則正しく

丸池製茶のよめっこです^ ^

日中ははが当たっていましたが、
夕方風が吹くと寒さが増しますね。

ここ数日、立て続けにお客様から
「きれいね~!」と言われた
店先に咲く黄色い花たち。
とても規則正しい毎日を送っております。

昼間はパッと開いている花が、
夕方になると花を閉じ
まるで眠っているようになります。
(もちろん翌日はまた花開きます)





実は最近の我が家の
(というかよめっこの)
目標が規則正しい生活!

ぬくぬくしながら本を読んだり
テレビを見たりしていると
つい夜更かしをしてしまう日があり、
「寝る時間が少なくなっちゃう!」
と思って余計に眠れなくなるという
変な焦りを、この冬数回経験しました。

それに、何より
子供たちに早く寝てほしい!
と思うのです。
ゆっくり休まないと、
次の日も元気に過ごせませんもんね。

どうやら期末テストが近いようで
焦っている子がおりますが、
「睡眠不足じゃ、
わかるはずのものもわからない!」
というのがよめっこの口ぐせなので、
テスト前ほど早く寝てもらいます。

家で一緒に過ごせるのもあと何年?
と考えると、せめて
規則正しい生活とちゃんとご飯食べる
ということぐらいは
当たり前にできるようにしたい母です。

よし、2月も頑張ろう^ ^

受験の季節

丸池製茶のよめっこです^ ^

センター試験のニュースを聞くと
「そんな時期になったのだな」と
受験生の姿を思い浮かべます。

次の進路に向けて
たくさんの学生が挑戦するこの季節は、
親御さんやご家族の皆さんも
いつもより更に体調管理に気をつけ、
友達や先輩を応援している子、
学校や塾の先生たち、
たくさんの人の思いが
受験生を後押ししているように見えます。

今年もたくさんの受験生が
サクラサク春を迎えられますように!



まだ受験生のいない我が家。
友達や近所の人から聞くだけで
今はドキドキです。

母がしてやれることを考えても、
ご飯作ったり、送り迎えしたり…
くらいしか今は思いつかないけれど、
子供が安心して過ごせる毎日を
ととのえてあげたいなぁと思います。

現実にその時が来たら
子供より焦ってしまいそうですが^^;

気づけば…

丸池製茶のよめっこです^ ^

暑い日が続いておりますが、
皆さまお変わりございませんか?

先日お見えになったお客様も、
畑仕事をしていて、つい
「せっかくだからここまでやろう」
とやり過ぎてしまって、熱中症になり
大変だったとおっしゃっていました。
皆さまも気をつけてくださいね。

長い雨がやっと終わり、暑い日が続いて
「夏だなぁ」と思っていたら、
気づけばもう、秋が少しずつ
近づいているようです。



なんだかとても夏が短く感じ、
今年の夏は、やり残したことが
たくさんある気がしています。

お店は少しずつ秋に向けて
変化させている最中です^ ^

最近お店に飾っているのは
ナデシコとホトトギス、
ブルーベリーなど。
少し葉っぱは少なくしてみました。

飾るお花も、
少しずつ変わっていくのが楽しみです^ ^

夏の知らせ ※セミの羽化の写真あり

※セミの羽化の写真あり
苦手な方はご覧にならないでください。


丸池製茶のよめっこです^ ^

生まれてはじめて!
セミの幼虫が歩いているところと
羽化しているところを
見ることができました!
(苦手な方もいるかもしれないので
写真を白黒にしております。)



昨夜、部活の夜練に送った後
外で待っていたら、
たまたまセミの幼虫が
歩いているところを見かけました!

動いている幼虫も初めてで
それだけでも興奮してしまいましたが、
人間が近くにいると
落ち着かないだろうと思い、
しばらく離れておりました。

30分ほど経って戻り、
「もうどこか行ったかな?」と
軽い気持ちで見まわすと、
なんと、すでに!
幼虫の背中が割れ始めている!

ちょっと嬉しくなって少し観察して、
部活の様子を見てまた戻ると、
なんかさっきよりもっと体が出てる!

ここからはもう気分が高揚してしまい、
先ほどまでの「人間がいたら…」
という気持ちはどこへやら、
「がんばれ!がんばれ!」と
今まさに羽化しているセミの隣で
応援している私…
(「うるさい人間」と思われたかも)

最後までは見てこられませんでしたが、
細かく動く眼や脚を観察できましたし、
生まれてはじめてセミを応援しました。

多分一生に一度の経験なんじゃないかと
まだ気分が高揚している
よめっこなのです。