ホッとする時間

丸池製茶のよめっこです^ ^

開店の準備をして
本日の試飲用のほうじ茶を淹れると、
「味のチェック」と称して
自分でも一杯いただきます。

寒くなってきた朝。

ほうじ茶の入った湯呑みを
両手で包み込むと、
知らず知らずの間に
手が冷たくなっていたことに気づきます。

なんだかホッとして。
でも同時に
「よし!」と気合いの入る時間。

せっかくだから
写真を撮ろうと思い立ち、
急須と湯呑みだけじゃ寂しいなぁと
クリスマスツリーを入れてみたけど、
なんだか余白が多い…

写真って難しいことに
悩まされる今日この頃です。


今朝はいい夢を見ました。



朝起きて
「あぁ、いい夢だったなぁ…」
と思ったけれど、
やっぱり今思い出そうとすると
思い出せないのです。

なんだったかなぁ…

さて。
夢の内容を考えながら、
そろそろ小判焼きオープンの準備です。

今日から新しいのぼりが登場!
ここの風と共存するために
おもりも準備万端^ ^

小豆の炊ける香りもしてきました。

クリスマス間近なのに…

丸池製茶のよめっこです^ ^

12月12日。
クリスマスまであと少し。

実はサンタ業務が滞っており、
どうしたものかと考えております。

例年11月ぐらいから
なんとなく聞き出していたプレゼント
だったのですけれども、
今年はお店のことばかり考えていて
気づいたら12月になってしまいました。

先日ちょっと聞いてみたら、
「欲しいもの言わないで
サンタさんがくれたら、
お父さんとお母さんが
サンタさんじゃないって
証明になるでしょ?」
と言われました。

…そういうお年頃かぁ…

どうしたものか?
と思っていると、続けて
「サンタさんには
売ってないものを頼む」
と言い出しました。

それでは、聞いたところで
買ってあげることはできません。
困ってしまったお母さん。

そういえば数年前は
「セグウェイが欲しい」と言い出し、
叶えられずに他のものに誘導した気が…



インターネットでは、
間に合うかわからない時期ですし、
買いに行けるかどうかもわからない…

用意する時間も限られている中、
あとしばらく悩みます。

サンタさんがいるって信じられると
たのしいよー!
ということを感じてもらえるように、
頑張らないと!

夢は忘れやすい?

丸池製茶のよめっこです^ ^

お店の中の配置が
また少し変わりました。

お客様にくつろいでいただく場所。

どうしたらお客様が
「くつろぎやすい」
と感じてくださるか?

みんなで考えながら
日々、知恵を絞っています。



今朝は、
お店のポップを書いている…
という夢の途中で起きました。

起きたばかりの時には
すごくいいアイデアだと思ったので
「よし!夢の通りに書こう!」
と決めていたのに、
お店に来た時には、思い出せない…

とっても残念な気がしてしまうのです。
どうして夢は覚えていられないのかな…
と残念なよめっこです。

明日は小判焼きキャンペーン
最後の週末!

小判焼きの販売は
10時から15時まで。

皆さまのご来店を
心よりお待ち申し上げます。

日にちがわからなくなります

丸池製茶のよめっこです^ ^

お客様と話しながら外に出ると
西の空が赤く染まっていました。
日が短くなってきましたね。

外に出て、風が少し涼しく感じると
少し安心します。

寒いのは得意ではないけれど、
冬に寒くならないのは
やっぱり、変な気がします。

体で感じる温度と
カレンダーの日付が
全然合わない…

着るものに気をつけて、
体調を崩さないように
調節してくださいね。



今日はお歳暮の発送が
予定通り進み、
ホッと一安心。

来年のお茶会や
ワークショップの打ち合わせも
少しずつ進めているところです。

この丸池製茶のお店で
どんなことができるのか?

また、マルシェが復活できるよう、
今から少しずつ、お茶会や
ワークショップを積み重ねることも、
準備の1つにつながりますから^ ^

1日から始まった
小判焼きのプレゼントキャンペーンも
10日まであと半分。

今できることを少しずつ。
つい焦りがちですが…
焦りすぎないように
進んでいきたいです^ ^

今日も一日、お疲れ様でした^ ^
明日もいい日になりますように!

その道の「プロ」なんです

丸池製茶のよめっこです^ ^

小判焼きのおいしさを伝えたい!
と、張り切って写真を撮りました。

…が、難しい…

撮る角度により、光の加減とか
色合いが全く違ってしまいます。

よく食べ物のメニューを見ていると
すごくおいしそうな写真に惹かれて、
「そんなにお腹もすいてないから
軽めでいいかな?」
と思っていたのに、気づいたら
ガッツリお肉を食べていた…
という経験はありませんか?
(食欲に負けるのは私だけ?)

おいしいものを、おいしく見せる。

当たり前のように思うのに
とても難しいことだと感じました。
やっぱりプロってすごい!



「プロ」と言えば…

お店を改装する工事を
初めて間近で見ることができて
大興奮だったよめっこですが、
大工さんや電気屋さん、左官さん、
水道屋さんに内装屋さんなど
それぞれのプロが
関わってくださいました。

図面を見たって、壁紙を選んだって、
どんな仕上がりになるのか
私は全く想像がつかなかったけれど、
「疑問に思ったことがあったら
なんでも言ってくださいね。」
と言ってくださって
なんだかホッとしました。

多分取るに足らないであろう質問も
ちゃんと聞いてくださり、
更に新しい提案をしていただけて、
「そんなこともできるんだ!」
と嬉しくなったり。

「プロってすごい!」
「プロってカッコいい!」

と感激しまくりの改装でした。
しばらく感激して我にかえると、

「お客様から見たら私もお茶のプロ」

と思い出しました。
仕事なんだから知ってて当たり前。
できて当たり前。
すごい方はたくさんいるんだから、
自分なんて、まだまだ…

そう思っていらっしゃる方も
いると思います。

見習い中でも、かけだしの新米でも、
相手からしてみたら「プロ」。
満足していただける仕事をすることが
当たり前。

謙遜と甘えを間違えることなく、
自覚を持ち、
お客様に接する中で
できればお客様が意識しないで
満足していただけるように
していかなくては!

自分の目指すところへ
私はちゃんと進んでるのか?

たまに不安になって
周りを見回したりするけれど…

私は私。
まわり道するのも私。

今日もお茶のプロとして
できること1つずつやっていかなくちゃ!

なつかしい言葉

丸池製茶のよめっこです^ ^

土日と「小判焼き」の販売を
初めて行いました。

何度となくみんなで練習したけれど、
それでもやっぱり初日は
予約でたくさんの数が集中すると
あわててしまいました。

それぞれの反省を
またいかして改善しながら
より良いお店づくりをしなくては!

11月のリニューアルオープンと、
12月の小判焼き販売で
なかなか早く家に帰れず、
子どもとゆっくり
話すこともできなかったけれど、
昨日は早く帰って買い物にも行け、
子どもたちの小さい頃の
なつかしい言葉の話になりました。



「前さ、カメ様って言ってたよね?」
と言うのが最初の一言。

小さい時、くにちゃんの友達のいる
京都へ家族旅行したことがあり、
せっかくだから…と
いろんな神社仏閣を巡った頃です。

当時「カメ様って何?」
と言うことになり、
話を聞いてってみると
「神様」のことだったようで、
「かわいいー」と大笑いしました(笑)

「旅行日記をつけよう!」と渡した
小さなメモ帳にも、覚えたての字で
「か・め・さ・ま」
と、ちゃんと書いてありました。

お友達からディズニーランドの
お土産を頂いたときは、お迎えの時
「お母さん、『みずりーらんど』
って知ってる?行ってみたい。」
と言われたこともありました。

休日という休日がなかったくにちゃんは
当時連れて行ってくれるはずもなく、
下のおチビを抱えて行く勇気もなくて、
「ごめんね。
お母さん行き方わからないだよ。
今度どこにあるか
一緒に調べてみようね。」
と言った時の心苦しさと申し訳なさは
今思い出してもやっぱりつらいです。

その時の話は本人にも伝えてあるのに、
なぜかなと思いましたが、
思い出す時の顔は、
小さい頃のままだからかもしれません。
「みずりーらんど」は
せつない思い出の言葉です。

他にも、言葉を聞いているときは
気づかなかったけれど、
らくがき帳に動物の絵を描きながら
横に「うさぎ」など名前を書くと、
たまに「らいよん」なんて出てきて、
「確かに聞こえるかも!」
と納得したり、おかしかったり。

水玉柄のことを「ぽたぽた」と言った
子どもの言葉がかわいくて、
我が家では「水玉」「ドット」を、
今でも「ぽたぽた」と呼んでいたり。

ヒールがあって、歩くとコツコツ
音がなるような靴のことは
「コンコン」と呼んでいましたっけ。

聞いた音、見た目で名前を覚える
子どもたちならではの言葉。
本当にかわいかったなぁ^ ^
と懐かしくなりました。

成長した今、こういう新しい言葉は
生まれないかもしれないけど、
なつかしい思い出と共に、
我が家では大切な宝物となりました^ ^

目の前のことに必死で
あっという間に過ぎてしまった十数年。
これからもあっという間かな…
すでにさみしい。

子どもはいくつになっても子ども。
変わらず気にかかると思うけれど、
子どもの成長を喜び、
私も一緒に成長していきたいです^ ^
お母さんも頑張るよ!

今日も一日、いい日にしよう!

今日は防災訓練

丸池製茶のよめっこです^ ^

本日も10時~15時まで
小判焼きの販売、
お店の営業は、
9時~17時までです。

今日は地域の防災訓練の日。
子供たちと行ってきます。



お店を開けなければならないので、
朝の開店はくにちゃんとあっちゃんに
お任せして…

皆様の地域でも、季節により
防災訓練が行われると思います。
備えあれば憂いなし!
やっぱり日頃からの心構えが
大事だな…と
先日の台風で改めて感じました。

さて、出かける準備!
今日も皆様にとって
いい1日になりますように!

「ありがとう」を伝えるには…

丸池製茶のよめっこです^ ^

昨日は、友達を含め、
たくさんの方にご来店いただきました。

「秘密の試食会」にご招待した友達の、
丸池で開催したマルシェを
共に企画した仲間たちからは、
「おめでとう!」と
お花もいただきました∑(゚Д゚)

ステキすぎる…

白をベースに、
木の感じで統一するよう心がけた店内に
「あとは緑が必要かな~」
と思っていた矢先の出来事。

どんなお店にしたいのか、
よめっこよりわかっている
皆さんです^ ^

本当にありがとうございます!



基本的につっぱしり気味で、
スピードを出しすぎると
道を間違えて迷走しがちなよめっこを
いさめ、導いてくださる先生や先輩も
忙しい時間をぬって
遊びに来てくださいました。

「秘密の試食会」には、
「私でよければ協力するよ!」と
写真や動画、オープンの詳細など、
よめっこの予想以上に
みんながそれぞれに
伝えたいことを考えてくれました。

発売の1日まで
今日も含めてあと2日。

感謝の気持ちは、
自分たちがどう考えて頑張るか
その姿をお見せするしかありません。

あと2日ある。
できることは、やっていこう!

丸池製茶の小判焼きは、
12月1日(土) 10:00~
丸池製茶店舗内にて発売いたします。

皆様のご来店を
心よりお待ち申し上げております。

いい一日

丸池製茶のよめっこです^ ^
現在、フェイスブックにアクセスできず
閲覧できておりません。
ご連絡くださった方が
もしいらっしゃったら、
ここでお詫び申し上げます。


今日は天気に恵まれましたね。
御前崎市の大産業まつりも
かなりの人で賑わったようですね^ ^

くにちゃんは、始まって早々
ケーブルテレビの取材を受けたらしく、

「心の準備ができてなかったもんで
なんかオドオドしゃべっちゃった!」

と、1人落ち込んでおります(笑)

大丈夫!
あなただけじゃありませんよ?
あっちゃんもよめっこも同じ!
アドリブのきかない
丸池製茶の面々です^^;

基本は真面目?
そこが過ぎると
困るときもあるのですが…ね。
^^;



この写真のように、
夕方から夜に変わる瞬間の
色が好きです。

この季節、疲れている日だと
「早いけど、もう休んでいいよ」
と言ってもらえている気もします。

…都合が良すぎですかね?

今日はお店にいたよめっこ。
たまたま同級生が
続けてお茶を買いに来てくれて、
話もできて、なんだかとっても
嬉しかったです^ ^

大産業まつりの丸池製茶ブースで
小判焼きのチラシを
見てくださったお客様から、
「今日、チラシもらったよー!
小判焼き買いに
またお店にも行くよ!」
と、産業まつりの会場から
お電話いただきました^ ^

「気にかけていただく」

その嬉しさとありがたさを
改めて感じた土曜日です。

受け継ぐ

丸池製茶のよめっこです^ ^

リニューアルオープンして
10日経ちました。

改装すると決めた時には、
よめっこなりに父や母、
おじいちゃんやおばあちゃんのことなど
考えることもあり、
「受け継ぐ」丸池のお茶のルーツを
改めて聞きました。



丸池製茶になるもっと前。
我が家の古い手帳に書かれてきた
ご先祖様の名前や出来事を見ると、
最初に書かれていたのは
明治の初期でした。

ちょうど大河ドラマで
「西郷どん」を見ており、
「この時代にもうこの土地で
お茶を作っていたのか…」
と思うと、とても不思議な気持ちです。

その時々で、時代の流れによって
父や母が、
おじいちゃんやおばあちゃんが、
ひいじいちゃんやひいばあちゃんが
守り、変化してきた今までの形から
さらに時代に合わせて進化する。

そこに家族の1人として
共に加わっていることが、
なんだかとても嬉しいのです。