周年祭準備始めました

丸池製茶のよめっこです^ ^

11月前半に行っている
丸池製茶の『周年祭』の準備を
はじめました。

とは言っても、その時の状況で
開催できるかもわからないので
手探りで進めております。

作ったチラシを配るのも
10月中にお店にいらしてくださった
お客様限定となるので、
どれだけの方に知っていただけるか?
という不安もありますが。

大きなお店のようにはいかないけれど
一大決心してお店の面積を広げ、
小判焼きを販売しはじめた記念なので
規模は小さくても、
お客様と共に喜び合えるような
時間にできるよう考えないと^ ^



手作りの白黒コピーのチラシづくり。
私の中では一番プレッシャーのかかる
『周年祭』の文字が決まりません…
考えすぎないよう
リフレッシュしながら挑戦中です。

「わぁ、行きたい!」
と思っていただけるチラシが
作りたい!

秋の味覚といえば…

丸池製茶のよめっこです^ ^

皆さんにとって秋の味覚といえば
なにを思い浮かべますか?

知識としては
「美味しい」と知っているものが
増えたと思いますが、
子供の頃、秋に食べたものの記憶が
私にとって秋の味覚のようです。

茹でて半分に切ったものを
スプーンでゴリゴリと
こそげとって食べた栗。

あまり赤くならないうちに
木に登ってとって、
見よう見まねで皮をむいて食べた
シャクシャクの歯応えの柿。

蒸してザルに山盛りになっていた
サツマイモと、
それを切って干してあった
半乾きの切り干し芋。

全部美味しかったー!
と思い出しながら作ったのは、
実家の裏のおばちゃんがくれた
おばちゃんちの栗の栗ご飯^ ^



子供たちが小さい頃
ばあばがよく作ってくれたので、
子供たちは栗ご飯をよく食べます。

子供に手がかからなくなったので、
夜ゆっくり皮をむいて
半分をもち米にして作りました。
栗多めの贅沢なご飯が、
子供たちにとっての
秋の味覚になるのかもしれません。

秋の味覚を堪能しながら、
ゆっくり過ごす時間も
美味しさにプラスされる気がします。

驚きの軽さ

丸池製茶のよめっこです^ ^

朝晩が涼しくなると
温かいお茶が恋しくなりますね。
お店に出している急須を
いつもより多めにしました^ ^

中でも一番の軽さを誇る
『かるがる藍バラ』は
シニアの方にもおすすめの軽さで、
敬老の日のプレゼントに最適♪



「お茶の葉を捨てるのに楽!」
と人気のかご網です。

初めて手に取った時は
本当に驚くほど軽かったですよ〜^ ^

お茶はもちろん飲み物ですが、
お茶の葉が開くのを待つ時間や
お茶を注ぐ時の期待感も
大切なお茶時間。

みなさまもお気に入りのお茶を
お気に入りの茶器で、
ぜひ、おうちのお茶時間を
たのしんでくださいね^ ^

9月の己書幸座

丸池製茶のよめっこです^ ^

風が涼しくなりましたね。
みなさま、お変わりありませんか?

9月に入り、お店の中も少し
秋色になっております。
小判焼きをお求めくださる
お客さまの訪れも増え、
楽しみにしてくださるのが
とても嬉しく、
ありがたく感じております^ ^
季節の小判焼きは『栗』となります。
お近くにお越しの際には
ぜひお立ち寄りくださいませ。

さて、9月の己書幸座は
26日(日)の13時30分〜15時を
予定しております。



講座に参加してくださっている
みなさまから、
「うちでも描いてみよう!」
というお声が聞けると、
なんだか嬉しくなってしまいます^ ^

マスク、手指の消毒はもちろん、
テーブルもたくさん準備して
みなさまとの距離をとりながら、
窓を開けて
対策に心がけておりますので、
ご協力をお願いいたします。

己書幸座のご予約を
お待ちいたしております。

【己書幸座】
穂心楽(ほっこり)道場主催
開催日:2021年9月26日(日)
会場:丸池製茶店舗2階
時間:13:30〜15:00
参加費:2,800円
(お茶と小判焼き付)
※ お持ち帰りの場合がございます
申込期日:2021年9月22日(水)

小判焼き再開のお知らせ



おはようございます、兄です。
今日は小雨模様のハッキリしない天気ですが、
気温が下がり幾分過ごしやすいですね。
9月4日(土)から小判焼きの販売を始めます、
季節の小判焼きはマロンです。
定番の“手作り粒あん”も愛情込めて作ったので宜しくです♪
事前の電話予約を頂けると“焼きたて・スムーズにお渡し”出来ますので宜しくお願い致します。