ブログ

最新のお知らせ


2021年11月9日 : いもづくし
丸池製茶のよめっこです^ ^
本日より、「干しいも」の販売が
始まりました。



この辺りは冬になると
北西の強い季節風が吹き
「遠州のからっ風」と呼ばれます。
この風を活かして、家の軒先に
ふかして切ったサツマイモをならべ、
干しいもを作っているのが、
冬の風景の1つでした。

子供の頃は祖父母が作っていて、
学校から帰ると干してあるところから
干しいもを取って食べたし、
友達の家に遊びにいくと
そこでももらって食べました^ ^

コタツの上にはお茶と干しいも、
みかんが定番だったなぁ^ ^

サツマイモも品種が増えたようで、
ラベルに品種名が書いてありますね。
丸池の干しいもは
「紅はるか」になります。

従来のサツマイモの品種よりも、
「はるか」に食味などが
優れていることから、名前が
「紅はるか」となったそうです。
作った方達の自信作なのですね^ ^

ぜひ、たくさんの方に
食べていただきたいですが、
よめっこの経験上
食べ始めると止まらないので、
ダイエット中にはオススメしません。

小判焼きは季節の味が
「焼き芋あん」ですし
芋づくしの年末となりそうです^ ^
2021年11月1日 : 季節の小判焼き

皆さん、こんばんわ 兄です。
11月5日から季節の小判焼きは
“焼き芋あん”に変わります。
皆さんのご来店をお待ちしております。
2021年11月1日 : 周年祭
丸池製茶のよめっこです^ ^

いよいよ11月が始まりましたね。
昨日、お茶の葉っぱを蒸して揉む
「荒茶工場(あらちゃこうば)」の
掃除が行われ、
今年のお茶の葉の荒茶製造が
ひと段落となりました。

例年なら今から秋のイベントに向けて
準備に取り掛かるところですが、
今年も市内外のイベントが
既に中止と決まっております。

11月の予定としては、
店舗リニューアルの記念イベント
『周年祭』を開催予定です。



大きな店舗ではないので
すごいことはできませんが、
丸池のお茶を楽しみにしてくださる
お客さまに喜んでいただけるよう
つとめてまいりますので、
ぜひ遊びにいらしてください^ ^

11月の13日(土)・14日(日)の2日間、
9時〜17時に開催しております。
期間中も通常通り営業しております。

人気のお茶の詰め放題は、
日時と数を事前にご予約いただき、
当日お渡しさせていただきます。

リニューアルを機に始まった
丸池の小判焼きは、
周年祭期間中、5つお買い上げごとに
1つプレゼントいたします^ ^
もちろん1つからでも
お求めいただけます!

ご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ。
再来週、皆様のご来店を
心よりお待ちいたしております。
2021年9月27日 : 周年祭準備始めました
丸池製茶のよめっこです^ ^

11月前半に行っている
丸池製茶の『周年祭』の準備を
はじめました。

とは言っても、その時の状況で
開催できるかもわからないので
手探りで進めております。

作ったチラシを配るのも
10月中にお店にいらしてくださった
お客様限定となるので、
どれだけの方に知っていただけるか?
という不安もありますが。

大きなお店のようにはいかないけれど
一大決心してお店の面積を広げ、
小判焼きを販売しはじめた記念なので
規模は小さくても、
お客様と共に喜び合えるような
時間にできるよう考えないと^ ^



手作りの白黒コピーのチラシづくり。
私の中では一番プレッシャーのかかる
『周年祭』の文字が決まりません…
考えすぎないよう
リフレッシュしながら挑戦中です。

「わぁ、行きたい!」
と思っていただけるチラシが
作りたい!
2021年9月20日 : 秋の味覚といえば…
丸池製茶のよめっこです^ ^

皆さんにとって秋の味覚といえば
なにを思い浮かべますか?

知識としては
「美味しい」と知っているものが
増えたと思いますが、
子供の頃、秋に食べたものの記憶が
私にとって秋の味覚のようです。

茹でて半分に切ったものを
スプーンでゴリゴリと
こそげとって食べた栗。

あまり赤くならないうちに
木に登ってとって、
見よう見まねで皮をむいて食べた
シャクシャクの歯応えの柿。

蒸してザルに山盛りになっていた
サツマイモと、
それを切って干してあった
半乾きの切り干し芋。

全部美味しかったー!
と思い出しながら作ったのは、
実家の裏のおばちゃんがくれた
おばちゃんちの栗の栗ご飯^ ^



子供たちが小さい頃
ばあばがよく作ってくれたので、
子供たちは栗ご飯をよく食べます。

子供に手がかからなくなったので、
夜ゆっくり皮をむいて
半分をもち米にして作りました。
栗多めの贅沢なご飯が、
子供たちにとっての
秋の味覚になるのかもしれません。

秋の味覚を堪能しながら、
ゆっくり過ごす時間も
美味しさにプラスされる気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加